歯磨剤の基本知識について

歯磨剤(しまざい)は、歯磨きの際に使用される製品である。一般的に使用される物はチューブ入りのペーストで、練歯磨剤(練り歯磨き)とも呼ばれている。かつては粉状の歯磨剤を使っていた時期があり、歯磨剤全般を「歯磨き粉」とも呼ぶのはその名残である。歯磨剤は歯ブラシに適量付着させて使用し、歯磨き後は下せずに吐き出す。日本では薬事法により化粧品、薬用化粧品(医薬部外品)に分類されている。
季肋下部に抵抗が強度に出現し、さらに波及して心下部が硬くなり(が下急)、心煩は変じて懋々として微煩(心中煩悶がさらに進行)となり、喜嘔は!一止まずとなった者は、少陽病実証の大柴胡湯である。「柴胡•黄等」で胸脇の苦満をゆるめ、「根実•1で心下部の緊張をとり、「生姜•半夏」で止まざる嘔吐を治し、病邪を結果的に「校実•大黄」で大便に拾て去るのが本方の主窓である。さらに夕刻になり、陽明病に類似した潮熱(全身に!!るよぅな熱)を発するようになると、芒硝を加えた柴胡加芒硝濕の主治となる。心下がつかえて気持ちがさだまらず、イライラして脳充血する者は、三黄瀉心湯の主治であるが、これは「黄迚•黄等」で胸中の熱を去り、大黄で”下,をとる薬方である。

少陽病実証には内熱(体のなかにわだかまっている熱。伏熱)を小便に通じて小便として出して) 除く薬方がある。「麻黄.石竹」が主剤となって喘息を治す麻杏甘石湯、脯を除く越婢湯などである少陽和解(病邪を中和^解する)の症で病症が充実している実証の治療では、結果的には、隣接する陽明病同様に、病邪を大便や小便に捨て去ることになる。