歯磨剤の歴史

人が歯をみがくようになったのは、1万年くらい前からであろうといわれています。

世界で最も古い歯磨剤は、紀元前1500年以上前の古代エジプトの医学書の内容が記載されたパピルスであると言われています。そのエジプトでは、4世紀頃には食塩・黒胡椒・ミントの葉・アイリスの花を混ぜ合わせた粉末の歯磨剤が使用されていました。 古代ローマでは、人間の尿に含まれているアンモニアが歯を白くするものと考えられ、尿が歯磨剤として用いられていました。

古代インドでは、伝承医学書アーユルヴェーダに、歯磨剤や歯ブラシに用いる木の種類などが、詳しく書かれており、紀元前6世紀頃、お釈迦さまが歯をみがくことを奨励したといわれます。

歯をみがく木「歯木」が、中国を経て、仏教とともに日本に伝わり、後に房楊枝(木の先端をくだいてブラシ状にじたもの)や爪楊枝になりました。

日本では1625年、丁字屋喜左衛門が江戸で「丁字屋歯磨」「大明香薬」と呼ばれる歯磨き粉を販売開始しました。 この歯磨き粉の成分は琢砂という非常に目の細かい研磨砂に、丁字や龍脳などの各種漢方薬を配合したものであり、「歯を白くする」「口の悪しき匂いを去る」というキャッチコピーも添えられていました。江戸の庶民は、この類の歯磨き粉と房楊枝を使用して歯磨きを行うことが日常習慣となっており、当時の浅草寺には200軒もの房楊枝屋が並ぶほどの繁盛ぶりでありました。

明治になると、水歯磨剤は明治11年に、練り歯磨剤は明治21年に発売されたのが最初です。これは福原商店(現「資生堂」)が作ったものですが、当時はチューブ容器に入っていませんでした。明治29年にライオン歯磨が、明治43年にクラブ歯磨が発売され、練り歯磨剤は、明治44年にライオンがはじめてチューブ入りの練歯磨きを発売しました。

しかし、この時代は袋入りの粉歯磨が主流で、大正14年(1925年)に壽屋(今のサントリー)から発売された「スモカ歯磨」は潤製丸缶入り高級歯磨き粉として注目を集める。タバコ屋を中心に販売された「タバコのみの歯磨スモカ」で爆発的な売り上げを記録した。

以来、歯磨剤は、剤形、機能、効能・効果、品質等の改良が重ねられてきました。

ことに昭和時代になってからの歯磨剤の多くは、科学的な有効性の評価デー夕を基に、口腔保健剤としての役割を果たしています。

☟ED治療薬