練り歯磨きはどう選べるでしょうか?

歯科医者は「練り歯磨きは歯みがきの補助するで、摩擦の役割があり、菌斑を取り除くことができ、歯を清潔になり、口腔がすがすがしくなれます。”」とこう言います。どんなねり歯磨きかにかかわらなく、その成分は主に清潔剤、摩擦剤、接着剤、芳香剤といろいろな薬物があって、摩擦剤が歯磨き粉を構成する主体です。ねり歯磨きは口の中に留まる時間にあまり長くないので、少しの特効のあるねり歯磨きは薬効を短時間内に発揮していがたいです。もし歯は健康なら、普通の歯磨き粉を選択してもいいです。

近年来、メーカーは効果を追求するため、ねり歯磨きに洗必泰などの抗菌薬物を加えていました。これはねり歯磨きメーカーは消費者がオーラルケア知識の欠乏を利用して、非科学的概念を作って間違った方向へ導いたものです。

日常生活に、多くの人は長年にわたっていつも同じなねり歯磨きを使い、ほかの歯磨き粉を変えるという考えもありません。長期に同じな練り歯磨きを使用すると、少しの有害にする口腔病菌が薬剤耐性と薬物耐性を生じますし、歯磨き粉の滅菌マウスピースの役割を失わせます。 ねり歯磨きの使用に対して、専門家は「口腔の健康を保護するため、ねり歯磨きをよく取り替えるべきで、普通の型と治療効果の型は交替で使用すべきです。」とこう勧めています。

ねり歯磨きの使用に対して、3カ月くらいに歯磨き粉を1回変えたほうがいいです。 何種類のねり歯磨きは交替で使用するもう一つ長所があります。口腔内の細菌がある薬の性質成分に薬剤耐性を生じることを防止することができて、それで予防治療する効果に影響するのを防ぎますし、ある薬物を長期繰り返し使われて体内に多く入ることを避けることができます。ですから、いくつかのねり歯磨きは交替で使用するのは比較的によい選択です。